FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

★『月光綺譚』より~星を拾った夜 ※未掲載作品

 星を集めに出かけよう、と思って部屋を出た。だって昨晩は流星群の夜だったもの。きっと幾つかは落ちた流れ星がまだ残っているのに違いない、、そんな気がしたものだから。――という訳で、部屋のドアをキチンと閉めると、階段を降りて夜の街へと出たのだった。(そんな時、何だかステキな事が待っている気がして、少しだけ心が浮き立つんだ、いつも。何故だろ) 最初、星のなる樹を見つけたと思った。よもやこんな処にと思ったのだ...

★『月光綺譚』より~星空のArpeggio

 或る晩、モーターサイクルを駆って丘の上の天文台へと出かけたのだった。坂道を上って行くと成層圏を抜けて、そのまま星空まで届きそうな夜だったから。魔法瓶にローズティーを入れて、深夜のピクニック。此処からは全天の星座が見渡せる。天文台の梯子を傳って独りドーム型の天井に登り、持って来たローズティーを飲みながらお星様を見ていると、昔読んだ外国の物語にちょうどこんな場面があった事を思い出す。此処は今、ぼくだ...

★『月光綺譚』より~流星群の夜

 椅子に凭れて窓の外に映る星を眺めながらウトウトとして、気がつくと時計は21:30を廻っていた。 もうこんな時間か 月の綺麗な夜だったので、何だかこのまま眠るのも惜しいと思い、僕は散歩に出る事にした。クローゼットから上衣を取り出して、靴を履いた時に振り返って時計を見ると10分過ぎていた。 そのまま外に出て、月明かりに照らされた舗道をいつもの四つ角の方へと歩いた。すると突然、目の前を一条の眩しい光がさ...

★『月光綺譚』より~長い夜

 満月の晩に、誰もいない細い路地を独りで歩いていると、僕の歩く前方に自分の影が細長く伸びているのが見える。辺りはやけにしいんと静まり返り、ただ靴音だけが夜に溶け込むように響いている。それだから僕はいつしか自分の影を追いかけるようにして歩いていた、間延びした空気の中を。それにしても、さっきからずっと気になっていることがある。確かに今夜は満月だが、この影は少し長過ぎるんじゃないだろうか......その...

★『月光綺譚』より~水晶の夜

 全てが硬質のもので出来ている夜、両手を上衣のポケットに入れながら独り坂道を歩いていると、やがて坂の向こうにオリオン星座が見えて来た。路傍には落ちた夜露が幾つも光っている。このまま坂を上って行くと、いつか空のオリオン星座まで辿り着けるような気がして、僕はどんどん歩いて行ったのだった。それで、ちょうど見晴らしの良い処まで来たものだから、ガードレエルにちょこなんと腰掛けて、暫し幾千もの街の灯を見下ろし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。