FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

★『月光綺譚』より~星を拾った夜 ※未掲載作品

 星を集めに出かけよう、と思って部屋を出た。だって昨晩は流星群の夜だったもの。きっと幾つかは落ちた流れ星がまだ残っているのに違いない、、そんな気がしたものだから。――という訳で、部屋のドアをキチンと閉めると、階段を降りて夜の街へと出たのだった。(そんな時、何だかステキな事が待っている気がして、少しだけ心が浮き立つんだ、いつも。何故だろ) 最初、星のなる樹を見つけたと思った。よもやこんな処にと思ったのだ...

★『月光綺譚』より~星空のArpeggio

 或る晩、モーターサイクルを駆って丘の上の天文台へと出かけたのだった。坂道を上って行くと成層圏を抜けて、そのまま星空まで届きそうな夜だったから。魔法瓶にローズティーを入れて、深夜のピクニック。此処からは全天の星座が見渡せる。天文台の梯子を傳って独りドーム型の天井に登り、持って来たローズティーを飲みながらお星様を見ていると、昔読んだ外国の物語にちょうどこんな場面があった事を思い出す。此処は今、ぼくだ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。