Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

★ジョバンニの独り言★

CIMG4476.jpg

 お店で展示している自作の俳句(?)です。俳句と言って良いのか判りませんが、五七五の形式や季語などに捕らわれず自由なイメージで、あとはリズムが綺麗であれば良いかなと思っています(どうせ売り物ではありませんので)。泪が流れるのを流れ星にかけている訳ですが、映画『銀河鉄道の夜』('85年公開版)の中で、見上げた夜空が泪でぼんやり滲んで見えるというシーンがあって、幻想的でありつつもリアルな描写だと思いました。俳句ですが、滲んだ雰囲気を出したくて意図的に太いペンで書きました。字を綺麗に書こうとはあまり思っていなくて、書く内容に合わせて悪戯書きっぽい雰囲気にもしてみたり。。『月光綺譚』の特装版で自筆の掌篇を入れておりますが、わざと字を躍らせたりしています。こんな風な字にすると面白いかな、と色々楽しみながら書き進めておりました。
 さて『銀河鉄道の夜』ですが、遠い星空の彼方へと旅立って行ったカムパネルラ。船の海難事故に遭った姉弟もいましたが、ところでジョバンニはどうして銀河鉄道に乗る事が出来たでしょうか?きっと其々に解釈がある事でしょうけれど、級友たち皆から非道い事を言われたジョバンニ。もう何処にも自分の居場所が無く(―と思ってしまった)、文字通り"この世に居場所がなくなった人たち"と感覚的に近いところにいたのかも。居場所が無いと思ったからこそ大勢で楽しそうに集っている広場を抜け出して、誰もいない天気輪の丘までやって来たのでしょう。でもやがて宙の旅から元の場所に戻って来た彼は、唐突に母親に牛乳を届ける用事を思い出す。家には自分の帰りを待っている人がいて、居場所が無い訳ではないのだという事に気づく(=生きる)のです。

 私は決して自分の居場所が無いとは思っていませんが、何処か世の中にそぐわない自分を常に自覚していたりしますので(寂しい自覚ではありますが)、おそらくこれからもずっと"ジョバンニ"であり続けるのだろうと思います。

 いつかプリオシン海岸で化石掘りをしたいです★


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。